レンタルサーバでできること、できないこと

財産として使えるレンタルサーバー

レンタルサーバーとはホームページのデータを保存しておくインターネット上のレンタルスペースの事です。 例えばネットショップやホームページを開設しようと思ったらドメインと保存場所のサーバーの2つが必要になりますが、自分でサーバーを用意しなくてもホームページは作成することが出来ます。 サーバーを管理している会社に申し込んで基本料金を払うだけです。 自分でもサーバーを開設することは出来ますがあまりお勧めしません。なぜならコンピューターや24時間の電気代などかなりのコストがかかり、停電などのリスクがあります。なのでホームページ作成はレンタルサーバーが現実的です。小規模なサイトだとライトプランの物だと月額数百円からホームページを持つことが出来ます。

レンタルサーバーのデメリット

レンタルサーバーで出来ないことは、安いプランだと容量が足りなくなったり、初期費用や運営費がかかる点です。大きなサイトほどディスク容量を消費することになるので高価なプランが必要になります。またプランにより毎月のデータ転送量に制限があります。ネットショップなど沢山の画像を転送する場合は接続障害が起こりやすいので注意が必要です。このようにレンタルサーバーの利用では料金が発生する点がデメリットになりますが、それほど高額なプランでなくでも自分のサイト目的に合った一般的な機能プランを選べば問題はありません。
レンタルサーバーは会社によって容量や月額料金プランも違います。それぞれ個人や法人など、多種多様なユーザに対応しているのでサポート体制や利用実績など調べて自分の用途に合ったサーバーを選ぶことをお勧めします。

ホームページ作成は専用ソフトを使えば、簡単に行うことができます。データを作成したらレンタルしたサーバーにアップロードするだけです。

© Copyright Provides Net Shop. All Rights Reserved.